同行援護従業者養成研修の講師

同行援護従業者養成研修をハーティ・ハンド支援事業所では定期的に開催しています。

普段ですと毎年2月には、年度最後の同行援護従業者養成研修を開催することになっているのですが、今年は2月ではなく少し遅れて年度が変わった4月ごろに開催を考えています。

ですので、同行援護従業者養成研修を受講したいと考えているからは、4月の週末の予定をあけておいていただいて、参加希望の旨を事前にハーティ・ハンド支援事業所までお知らせいただければと思います。

さて、今回2月に開催しない理由は、2月13日から2月15日まで、理事長が同行援護従業者養成研修の講師の資格の更新のための研修を受講しているためでもあります。

同行援護従業者養成研修の講師は視覚障害者である当事者の方と、我々のような目の見える晴眼者の方と2パターンの研修が用意されています。

晴眼者の場合には、研修会場が東京と京都の他にも福岡と3か所で開催されているので、都合や場所に合わせて選んで参加することが可能ですが、当事者の研修の場合には東京でしか開催されていませんので、ハーティ・ハンド支援事業所のある広島県から東京に研修に参加することは結構大変だったりします。

研修会場は高田馬場駅の近くの日本盲人福祉センターで開催されています。

定期的な更新が存在することで、常に知識のブラッシュアップをはかり、受講生に最新の技術と情報を教えることが講師としては必要になりますので、講師として継続していく方は、研修を受講する必要があることを忘れないようにしてください。