同行援護従業者養成研修3回目

2018年11月24日(土曜日)に同行援護従業者養成研修の一般課程の3回目を行いました。

今回の同行援護従業者養成研修は受講者のみなさんが一般課程の方だけでしたので、今回の3回目で終了になりました。

最終日ということでこれまでは建物の中で技術の練習を行ってきましたが、外へ実際に出ての同行援護の体験を行いました。

研修最終日に行った内容

・エスカレーターの利用
・トイレの利用
・バスの利用
・クルマの乗降
・階段の上り下り
・エレベーターの利用
・買い物体験
・外での同行援護の体験

最終日はほぼ全てが講義ではなく実習の時間に費やしましたので、受講生の方は非常に大変だったとは思いますが、みなさん本当に真剣に学んでいただきました。

ちなみにクルマの乗降に利用したクルマはこちらになります。
研修で利用する車

当法人のクルマのように背の高いトールボーイのクルマであれば頭をぶつける心配が少なくなりますので安心感は高くなりますが、背の低いクルマの場合には利用者の方が頭をぶつけないように注意をする必要があることも実際に背の低いクルマを利用して理解をしていただきました。

次回の研修について

次回の同行援護従業者養成研修について予告を行っておきます。

年内の同行援護従業者養成研修は今回で終了になりますが、2018年度内の2月から3月にかけて年度内最後の同行援護従業者養成研修を行う予定にしています。

詳細に関しては、またホームページ等で告知をさせていただきますので、同行援護従業者養成研修を受けたいと考える方はもお申込みをお待ちしております。