同行援護従業者養成研修の2回目を開催しました

2018年11月10日よりスタートしました同行援護従業者養成研修の2回目を本日2018年11月17日に開催しました。

季節柄寒いなかでも、1回目に参加した皆さんが休まずに参加していただきまして、皆さんの学習意欲の高さに感心しています。

研修の風景は以下になります。
研修の様子

1回目の研修は座学での講義が中心でしたので、受講者のみなさんにはたいくつな時間だったと思いますが、2回目からは実際に参加者の方にアイマスクを装着していただいて視覚障害者の方がどのような気持ちで歩いているかなどを体験していただきました。

また狭い通路の通過や、基本的な同行援護の仕方について学習しました。

今回開催する同行援護従業者養成研修は一般のみですので、来週の3回目で終了となりますが、受講者の方が研修終了後にすぐに勤務している施設などで同行援護の支援者として活動できるように、しっかりと理論や技術については学んで帰っていただくようにしています。

最終回は来週の11月24日となります。

最終回はバスでの移動や実際に外を歩いてみるなど、より実践的な内容を学習することとなっています。

研修の車の乗降研修で使用する車の画像は以下になります。
研修で利用する車