コロナに配慮して桜を見に行きました

現在は新型コロナウイルスの感染が蔓延しており、大勢での花見は無駄なリスクを増大させることになります。

ハーティ・ハンド支援事業所では、毎年お花見として、場所を決めて皆さんで行って、お昼ご飯を楽しみながら、春が来たことを感じながら、桜を楽しんでいたのですが、今年は食事はせず、昼食を終えた後で、近くの人の少ないお寺の桜を少しだけ楽しみにいきました。

我々が行った本日は、誰も桜の木の下で花見をしていることはありませんで、お寺を管理している方がおられるだけでした。

山の上にあるお寺ですので、桜を楽しみながら、眺めのいい景色や快晴の気候も楽しむこともできました。

参加された皆さんも、ゆっくりと花見ができないことが残念に感じられたようですが、桜を少しでも楽しむことができたことで、春の訪れを実感できたことは、楽しかったとおっしゃってくださっていたので、我々スタッフとしても、嬉しく思います。

来年は通常のお花見ができるように、新型コロナウイルスのワクチンや薬といった対処方法ができていればと思います。

最後に桜を眺めたお寺の写真を紹介しておきます。

場所は尾道市原田町にある摩訶衍寺(まかえんじ)という場所になります。

お寺からの景色も非常に美しいですので、一度訪れてみることはオススメします。

花見と桜 花見と桜 花見と桜 花見と桜 花見と桜 花見と桜 花見と桜 花見と桜 花見と桜 花見と桜 花見と桜 花見と桜