12月9日に創立5周年記念式典を開催しました

12月9日に「特定非営利活動法人広島県視覚障害者自立支援センターさん・あい」は創立5周年を迎えることができました。

近くの温泉宿(養老温泉様)のお部屋をお借りして式典を開催させていただきました。
参考リンク➡養老温泉」

当法人の車両の購入から日常のメンテナンスまで面倒を見ていただいています自動車整備会社の南迫自動車様からお祝いの花束をいただきました。
お祝いの花束(南迫自動車)

式典は来賓にお越しいただきました第1部と、食事をお出しして歓談をおこなった第2部の構成としていました。

当日の式次第が以下になります。
記念式典の式次第

5周年記念式典・第1部

第1部は理事長の開会のあいさつから、来賓の方の祝辞、創立当初から理事長とともに、さん・あいを支えてくださった方への勤続表彰を行いました。

理事長のあいさつの様子がこちらです。
理事長の開会あいさつ

理事長のあいさつのあとは当法人の拠点である尾道市長・平谷佑宏氏より祝辞をいただきました。

祝辞の様子が以下になります。

尾道市長祝辞

尾道市長の次に広島県会議員の高山博州氏より祝辞をいただきました。

祝辞の様子が以下になります。

高山県会議員祝辞

祝辞はこの後は地区の社会福祉協議会の方・身体障害者協会の方・消防団の方にもいただきました。

第1部の終了後には尾道市長が理事長に今後も視覚障害者の方の外出支援の中核として活躍していただきたいと声をかけてくださり、がっちりとあいさつをして終了いたしました。

第1部終了後市長と理事長の握手

5周年記念式典・第2部

第1部の終了から15分ほどの休憩の時間をはさんで、食事を配膳していただきまして第2部を開催しました。

第2部で提供させていただいた食事が以下になります。
5周年記念式典の食事

5周年記念式典の食事2

第2部では理事長がこれまでの法人の経緯を振り返るとともに、参加者の皆様が自己紹介も含んだ理事長との出会いなどを話しながら交流を深めました。

食事後はハーモニカのミニ演奏会の他、カラオケ大会も行いまして、皆さん楽しんでいただいて無事に特定非営利活動法人広島県視覚障害者自立支援センターさん。あいの創立5周年記念式典は終了しました。

今後に向けて

特定非営利活動法人広島県視覚障害者自立支援センターさん・あいは視覚障害者の当事者である森岡久子が理事長を務めていることで、より視覚障害者の当事者に寄り添った活動ができることが他の支援団体とは最も多く違うところになります。

今後も視覚障害者の外出支援制度である同行援護は行っていきます。

また音声パソコン教室を開催することで視覚障害者の方が世間から孤立しないための活動も行っていきます。

視覚障害者の方以外にも障害の問題が外出を含めた日常生活に困りごとを抱えている方をサポートしていく予定です。

今後とも特非営利活動法人広島県視覚障害者自立支援センターさん・あいをよろしくお願いいたします。

障害で悩んでいる方はいつでも構いませんので、メールでも電話でも大丈夫ですので、お気軽にご相談ください。