平成30年7月の豪雨災害

広島県は昨年の平成30年7月に甚大な豪雨災害がありました。

NPO法人の中にも豪雨災害で被害を受けた法人は数多くあると思います。

幸いなことに、我々のNPO法人広島県視覚障害者自立支援センターさん・あいは直接的な被害は受けていませんので、運営に障害がありませんで、現在まで運営をおこなえています。

助成金

ひろしま復興支援基金の案内が届きましたので確認してみました。

ひろしま復興支援基金の内容について

ひろしま復興支援基金は3つのコースが用意されているようです。

ありがとうコース

平成30年7月から平成31年3月31日までに取り組まれた災害からの復旧・復興活動に対して助成を行うコースが「ありがとうコース」となります。

助成総額:500万円程度
1件上限:10万円まで

これからもコース

2019年4月1日から2019年9月30日までの期間に、取り組まれる予定の復旧・復興活動に対して助成を行うコースが「これからもコース」となります。

助成総額:500万円程度
1件上限:50万円まで

そなえるコース

平成30年7月豪雨災害において、被害をうけた施設において災害対応に必要な機材や防災用具などの整備を行った場合に助成を行うコースが「そなえるコース」となります。

助成総額:500万円程度
1件上限:100万円まで

我々NPO法人広島県視覚障害者自立支援センターさん・あいの場合には直接の被害がありませんでしたので、今回の助成金には応募資格はないものと思われます。

被害を受けて復旧を行っているNPO法人の方にぜひ受給していただければと考えています。

NPO法人は資金面で厳しいことが多いですので、少しでも助成金を有効活用していただいて、活動のために役に立ててほしいと思います。