来賓として参加してきました

4月25日に行われた尾道市身体障害者福祉連合会御調支部の総会に理事長が来賓として参加しました。

当日のプログラムが以下の写真となります。

尾道市身体障害者福祉連合会御調支部総会 御調総会プログラム

尾道市は合併の結果として市の面積が非常に広くなりましたので、ハーティハンド支援事業所がある地域とは異なる場所でも支部が設置されており地域密着型で活動しています。

尾道市で生活している身体障害者の方が、障害の垣根を超えて共同して活動することが、障害者の方が健常者の方と変わりなく日常生活のできるバリアフリーな街づくりのためには不可欠ですので、障害の部位にとらわれることなく協力できればと強く考えています。

障害の部分により、いろいろと国や地方自治体に申し入れたい陳情内容に違いがでることはあるでしょうが、障害者の方が不安なく暮らせるためには、絶対に必要な事として社会全体のバリアフリー化がありますので、その実現においては全ての障害者の方が同じ方向を向いて活動できると考えています。

今後ともハーティハンド支援事業所は、全ての障害者の方が笑顔で自分の自治体で暮らしてよかったと思えるようなサービスを提供していくように努力してまいります。