新型コロナウィルスの影響

様々な場面で、影響を及ぼしている新型コロナウィルス。

元々、政府がイベントなどを自粛要請したことで、現在でも多くの場所でのイベントが自粛されています。

ハーティハンド支援事業所の利用者の方が参加を希望しており、支援予定であったイベントも3月中に開催予定であったこともあり、いくつかが中止に追い込まれているのが現実としてあります。

また、先日広島県内でも初の新型コロナウィルスの感染者が判明したということで、広島県としても、より一層の警戒をすることになったようです。

3月に障害者支援に必要な研修(強度行動障害支援者養成研修・居宅介護職員初任者研修など)をおこなう事業者に対しては、広島県としては中止または延期を判断を基本的には依頼しています。

ハーティハンド支援事業所としても、元々は3月あたりに、同行援護従業者養成研修の開催を考えていましたが、昨年末より新型コロナウィルスの影響が徐々に広がってくることは予想されていましたので、毎年3月あたりに開催している、同行援護従業者養成研修に関しては、今回は新型コロナウィルスの影響がある程度収束するまでは、開催しないことにしています。

広島県としても、すべての研修を中止しなさいと命令できないことが、なかなかつらい立場なのでしょうが、もし開催する場合には細心の注意を払うことを忘れないようにとしてますので、可能であれば中止命令を3月中は出してしまいたいのが本音というところでしょう。

1人が感染してしまうと、施設などによっては施設そのものが一時的に閉鎖せざるを得ない状況になりますので、皆さまも新型コロナウィルスの収束までは、自身の健康管理に十分にご注意ください。