みなさんと柿狩りにいきました

昨日の同行援護従業者養成研修の2回目を開催後に、受講者の方と当法人で同行援護を利用していただいている視覚障害者の中から予定が大丈夫な方と一緒に柿狩りに行きました。

柿狩りの場所は非常に道の狭い場所で、普通車ではとても通れない道路でしたので、途中で軽自動車に乗っている方の車に同乗して場所までようやくたどり着くことができました。

その場所の写真が以下のような感じになります。

柿の木の付近の風景 柿狩り

さらには奥地ということで、イノシシ捕獲の罠が設置されているのも発見しましたので写真を掲載しておきます。

イノシシの罠

イノシシの罠の存在はテレビなどで見ていてどのようなものであるかを知ってはいましたが、本物を目の前で見たのは柿を取りに行った方も初めてでしたので、写真を撮っているからもおられました。

最後に昨日の柿狩りの成果がこちらになります。

柿狩りの成果

わずか1時間弱の時間で柿が約50キロも収穫できました。

これから1週間ほど寝かせて渋を抜いた後が食べごろになりますので、火曜日の「ふれあいサロン」や金曜日の「音声パソコン教室」に参加して下さる方にも味わっていただく予定にしています。