今年は島根県で開催されました

毎年開催されている、日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉大会に参加してきました。

今年は島根県松江市で開催され、会場は松江城の傍にある、島根県民会館にて9月7日と8日の2日間にわたって開催されました。

広島県は東部の方は貸し切りバスで30名の団体で参加しましたが、西部の方は各自が高速バスなどを利用して、会場まで移動していらっしゃったようです。

島根県民会館 島根県民会館

初日が交流会も含めて終了が午後20時30分までと、かなりハードな日程でしたが、2日目は大会宣言などのまとめをおこなって、交流のためのカラオケ大会などでしたので、13時で終了しました。

来年の日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉大会は、お隣の鳥取県で開催されることになっており、2年連続で山陰地方での開催となります。

最後に今回の大会のパンフレットの内容を紹介しておきますので、ご参照ください。

日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉大会① 日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉大会② 日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉大会③ 日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉大会④ 日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉大会⑤

大会が終わった後は、お土産として、「ふれあいサロン」で提供するものや、利用者の方へのお土産の出雲そば、またいつもハーティハンド支援事業所の活動に協力してくださる方へ、山陰の名物である鯖寿司を購入して帰宅しました。

我々は宿泊場所は団体の方と同じ場所に宿泊しましたが、移動は別行動にしましたのでクルマ移動になりました。

出発から帰宅までの全工程での走行は420キロほどとなった、今回の日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉大会への参加になりました。