同行援護の実務上の注意点