同行援護を利用するまでの流れ