視覚障害者が受けられる公共交通機関の割引

視覚障害者を始めとして障害者手帳を保持している方は公共交通機関での移動を行う場合には割引が設けられていることがあります。

今回はJRが行っている障害者手帳を保持している方への割引制度について解説します。

視覚障害のある方が同行援護を利用する際、外出時に割引等を受けられる場合がありますので、まとめておきます。

ただし、サービスに関しては、関係事業者サービスの為、誰にも必ず適応されるわけではありませんのでご注意下さい。

また、同行援護をする者(支援者のことです)は、援護を行う前の段階からサービスを受けられるかどうかについて確認をしておく事がスムーズな移動には大切であることは理解しておくようにしてください。

【JR各社の割引について】

まず、身体障害者手帳 第一種の視覚に障害がある方が割引の対象となっています。

割引は障害者本人だけでなく支援を行っている介護者も同様に割引の対象となります。

割引は、普通乗車券・定期乗車券・急行券であり、割引率は半額となります(端数は切り捨て)

つまり、料金を割り引かれることで結果として子供料金になるという事です。

ただし、ICカードを利用して乗車する場合は、料金に違いが発生しますのでご注意下さい。

ちなみに、ICカードで乗車をされる場合の乗車方法ですが、電車に乗る際に改札を通る時はICのセンサーにタッチします。

そして降りた駅では、再度ICセンサーにタッチするのではなく、駅員がいる改札の窓口などに行き、視覚障害の方のICカードと、同行援護をしている方(支援者)のICカードの計2枚と合わせて、身体障害者手帳を提示する事によって割引して貰います。

また、普通急行券を利用される場合は、乗車する前に購入しておく必要があります。

乗車をしてから購入したものについては割引されませんのでご注意下さい。

また、自動発券機ではなく、窓口での購入が必要ではありますが、第一種身体障害者(1級2級)または、第二種身体障害者
(3級~6級)の場合でも、単独で片道101km以上の乗車をする場合は、普通乗車券のみ(特急券は割引の対象ではないので注意してください)割引の切符を購入する事が可能です。

この場合は、他社との連絡も含まれます。

また、ICカードではなく、自動発券機にて切符の購入をする場合は、子供用の切符を2枚購入します。

この場合、改札機を通過する際に、駅員から障害者手帳の提示を求められる場合もありますから、同行援護をする者(支援者)はあらかじめ視覚障害の方へその事を伝えておくとスムーズに改札を通過することができます。

また、自動発券機ではなく、窓口で購入する場合については、身体障害者手帳を提示して2枚購入する事になりますので、あらかじめ準備をしておきましょう。

ただし、特急や、新幹線の場合については割引がありません。

ただし、JRにはジパング倶楽部というサービスがあります。

一般では、男性が65歳以上、女性が60歳以上の方がサービスを利用できる年齢となりますが、障害者の方については男性は60歳、女性は55歳からジパング俱楽部に加入する事ができますので、加入しての活用を検討してみてください。

割引を受ける方法は、窓口にて購入をし、その時にJRジパング倶楽部の手帳を合わせて提示する事が必要となります。