私鉄・路面電車の割引制度

視覚障害のある方の同行援護を行う際、外出時に割引等を受けられる場合がありますので、まとめておきます。

ただし、サービスに関しては、関係事業者サービスの為、必ず適応されるわけではありませんのでご注意下さい。

また、同行援護をする者は、援護を行う前の段階からサービスを受けられるかどうかについて確認をしておく事が大切です。

ここではJR以外の各地の私鉄と路面電車の割引制度について解説していきます。

民間鉄道

民間の鉄道会社における割引については、各社で違いがあります。

ですので、ここでは一般的な割引の例についてあげておきたいと思います。

基本的には、第一種の視覚障害者の方と、介助者(支援者)の割引率は半額となっています。

ただし、端数は切り上げとなりますのでご注意下さい。

ここでもJR各社と同様に、ICカードと切符では料金に違いがありますのでこちらも合わせて注意をして下さい。

乗車券を購入して乗車される場合は、子供用の切符を購入して利用することになります。

ICカードをご利用される場合は、センサーにタッチして改札を通り、降りる駅の改札にある窓口にて駅員さんに視覚障害の方と、同行援護をする方の2枚のICカード、身体障害者手帳を合わせて提示し、割引して貰います。

民間の鉄道会社の場合は、各社によって切符の名前が違う場合があります。

例えば、「子供切符」と呼ぶ場合もあれば、「障害者割引切符」と呼ぶ場合もありますし、更に「福祉切符」と呼ぶ場合もあります。

それぞれ呼び名が違う為、手間を取らない為にも、同行援護を行う場合には、予め利用する鉄道会社に確認しておくとスムーズに移動が進みます。

また、窓口で身体障害者手帳を提示して切符を購入する事も可能です。

また、政令指定都市(政令市)などにおいては、視覚障害の方と、介護者(支援者)に対して無料の券が配布されている場合があります。

ただし、タクシー券と間違えないよう、同行援護をする者は予め視覚障害の方に確認をとっておくと良いでしょう。

路面電車

路面電車においては、全国のどこの地域であっても割引を受ける事が可能となっています。

こちらも、第一種身体障害者である視覚障害の方と、介護者(支援者)の両方が半額の割引を受ける事が可能です。

ただし、支払いにおいては乗る時や、降りる時などと違いがありますから、こちらも利用する鉄道会社に予め確認をとっておくと良いでしょう。

また、それに合わせて、ICカードを利用する場合も、支払いが降りる時であっても、乗車時にセンサーにタッチする必要がある場合がありますから、こちらも合わせて事前確認をしておく事が大切です。

実際に利用される前に、様々な確認を取っておく事によって、実際に利用する時にスムーズな行動がとれるようになります。