障害福祉サービスの利用を考えるなら

障害者の方が、障害福祉サービスを利用するためには、順番を経なければいけません。

手帳を保持しているだけで、自動的に障害福祉サービスを利用できるわけではありませんので、ここでは障害福祉サービスを利用するための手順について紹介します。

初めての申し込みであれば、なかなか難しいことでしょうから、不明な場合には、ハーティ・ハンド支援事業所にご連絡いただけましたら、細かくご相談に乗らせていただきますので、遠慮なく相談してみてください。

障害福祉サービスを利用するための手順

①相談
障害福祉サービスを利用するためには、まずは相談が必要になります。

相談の時点で、用意されている障害福祉サービス制度の中で、どの制度を利用することを希望するかも含めて相談機関の担当者と一緒に、障害者の方に最適なサービスを考えることになります。

②申請・調査
障害福祉サービスの利用申請は、お住まいの自治体の役所におこないます。

申請の際の書類については、事前に役所の担当者に確認していただいて、必要書類を忘れないように持っていきましょう。

申請をした場合には、聞き取り調査がおこなわれます。

障害をもつ方が18歳以上と18歳未満で変化がありますが、18歳以上の方は認定調査員が日常生活や障害の状況についての聞き取りをおこない、18歳未満のかたは、保護者の方に対して聞き取りをおこなうことになります。

③審査・判定
調査の結果、主治医の意見書を参考にして、自治体が審査会をおこなって、障害支援区分を決定します。

障害支援区分は1から6までの6段階にわかれており、最も重篤な障害の方が区分6となります。

④支給決定・通知
相談支援事業所の相談支援専門員が、あなたや家族の希望を反映したサービス利用計画案を作成し、自治体に提出します。

最終的には自治体が1か月の支給時間などを決定し、完成した受給者証は、あなたの自宅に送付されます。

⑤事業所と契約します
実際にサービスを利用するには、あなたの希望するサービスを提供している事業所と契約することになります。

事業所の担当者や支援者とよくはなしあったうえで、契約をするようにしてください。

⑥ようやくサービスの利用の開始になります
サービスを利用して、自己負担額がある方の場合には、毎月の自己負担額を事業所に支払うことになります。

収入要件などで、自己負担額がゼロの方もおられますので、あなたの受給者証を確認して、自己負担額があるかどうかを確認するといいでしょう。