思いやり駐車場交付制度とは?

あなたも、日常生活で、思いやり駐車場の存在をみたことがあるのではないでしょうか。

古い施設では必ずしも設置されていない部分もありますが、最近新しくなった施設に関しては、数多くの施設で「思い入やり駐車場」のスペースが確保されているはずです。

思いやり駐車場は基本的に健常者の方は利用を控えるようにしてください。

法律的に駐車しても違法になることはありませんが、社会が全ての人に寛容な存在になるためにも、困っている人を思いやる気持ちは非常に大切なことになるでしょう。

自分がもし利用しなければ厳しい立場になったとしたらと想像して、思いやり駐車場の存在を理解していただければと思います。

思いやり駐車場の利用証が使用できる対象者を理解しよう

思いやり駐車場の利用証には、対象者が存在しています。

誰が利用できるかを理解して、あなた自身や親族・知人などで利用可能な方がおられるのであれば、情報提供をしていただければと思います。

・身体障害、知的障害、精神障害のある方
・国が指定している難病を患っている方
・発達障害などにより、歩行に介助者の特別な注意などが必要となる方
・要介護認定を受けている高齢者の方
・怪我をしており、歩行することが困難な状態にある方
・妊娠7か月から産後1年半のいわゆる出産前後の女性の方

上記のような方は思いやり駐車場が利用できる対象者となっています。

実際に自分が対象者となるかどうかは、お住まいの自治体の担当者に確認してみることをオススメします。

利用証はどのようにしたら発行されるのか

ここでは、広島県の場合の思いやり駐車場利用証の申請方法を紹介しておきます。

都道府県によって多少の違いが存在していますので、事前にどこに行けばいいのかを確認して申し込むようにしてください。

何度も申請することは時間と手間の無駄にもなりますし、疲労も蓄積してきますからね。

広島県の場合では、県庁の地域福祉課・厚生環境事務所(支所も含む)・県内の自治体の交付窓口にておこないます。

必要書類は以下の2つとなりますので、しっかりと準備して申請しましょう。
①申請書
②障害者手帳・母子健康手帳・特定疾患医療受給者証などの確認書類