障害のある子供たちを助けるために

2019年10月1日から、児童発達支援等の利用者負担が無償化となります。

対象となるのは、3歳から5歳までの就学前の障害を持っている子供達になります。

無償化されるサービス一覧

2019年10月1日より無償化されるサービスを紹介しておきますので、参考にして利用を検討してみてください。

・児童発達支援
・医療型児童発達支援
・居宅訪問型児童発達支援
・保育所等訪問支援
・福祉型障害児入所施設
・医療型障害児入所施設

以上の6つのサービスが無償化されることになっています。

対象となる子供は?

無償化の対象となる期間は、子どもが「満3歳を迎えて初めての4月1日から3年間」となっています。

無償化になるに際して、新しく手続きをする必要はありません。

既に上記で紹介している6つのサービスを利用している場合には、2019年10月1日より無償で利用できることになります。

対象となる子供であっても、医療費や食費のように実費負担となっているものに関しては、現在の負担を変化がありませんので注意してください。

また、幼稚園・保育園・認定こども園等と、紹介した6つのサービスの両方を利用する場合には、どちらも無償化の対象となることも覚えておいてください。

少しでも不明な部分がありましたら、住んでいる自治体の担当課に問い合わせていただければと思います。

せっかくの制度ですから、有効に利用してくださいね。