聴覚障害者と言語障害者が困っていることを知ろう

障害を周囲に気がついてもらえないことがあります

聴覚障害と言語障害は外見だけですぐにわかる障害ではないために、周囲の方になかなか気がついてもらえないことがあります。

特に難聴者や中途失聴者の方の中には話をできる方も多く、話せることが原因で聞こえる方が「あの人にあいさつしたのに無視された」といったようないわれのない誤解をされることがあります。

失聴した年齢時期、障害の程度によって障害の実際の現れ方はそれぞれの方によって異なることを理解しましょう。

音によって周囲の状況を判断することが困難です

放送や呼びかけ、クルマの音、自動車のベルなどに気がつけないことがあります。

また、周囲の情報が入りませんので、状況判断ができない場合があり、本人がきがつかないうちに危険な目にあってしまうことがあります。

健常者とはコミュニケーション手段が異なります

聴覚に障害のある方とのコミュニケーションの方法は、「手話」「筆談(要約筆記)」「口話」など、それぞれの方なりに方法があることを理解して、その方に最適なコミュニケーション方法を尊重してあげてください。

音が聞こえないために情報を得られないことがあります

電車の駅やバスセンターなどでの施設内放送が聞こえないために、戸惑ってしまったり車内での放送を聞き取ることができず、乗り過ごしてしまうことがあります。

また、公共施設内の放送や病院での呼び出しなどに気がつけず、そのまま待ち続けてしまうこともあることを理解しておきましょう。

会話が困難なため、不便さを伝える事が困難です

特に言語障害のある場合は、知りたいことを質問できない不便さから、周囲の人々に理解されず、日常生活にさほど不自由していないと本人の想いとは異なる誤った理解をされることがあります。