障害者の方へ考えていただきた配慮

いきなり障害者の方と見かけた場合には、多くの方はどのような配慮をすればいいのか躊躇するのではないでしょうか?
ここでは、障害者の方を見かけたらおこなっていただきたい配慮について紹介しています。

★障害のある方に対して冷たい姿勢を送ったり、見てみないふりをするのは避けるようにしてください。温かく接してあげてください。

★障害者の方が困っているのでは?と感じられたら
障害者の方が困っていそうなシーンを見つけた場合には、まずは一声「何かお困りですか?」と声をかけてあげましょう。
あなたが全てをできる必要はありません。
あなたができる範囲で障害者の方のサポートをしてあげてください。

★人を見た目や特性で決めつけない事
障害者に対して、障害を持っているからと色眼鏡で見ることなく、障害者の方でも才能や個性を活かせることがあるのではないかと一緒に考えてあげることは、大きな支援になることを覚えておいてください。

★たとえ障害者の方が1人でなかったとしても
障害者の方は外出時には、お1人ではなく介助者の方と一緒におられることがあります。
このようなケースではどうしても介助者の方の方が声をかけやすいので、本人に声をかけないことがあるかもしれませんが、実際にお困りなのは障害者の方ですので、介助者の方と一緒でもご本人に声をかけてあげてください。

★自分のイメージをフラットにすることも大切です
障害者と聞くと皆さんそれぞれがイメージを持つはずです。
ですが、自分のイメージだけで障害者はこのようなものだと決めつけてしまうのはやめましょう。
障害者の方本人の人柄を見て接してあげてください。