肢体不自由な方を見かけたら考えてほしいこと

ここでは、肢体不自由な方について配慮していだきたいことを挙げさせていただきます。

肢体不自由な方がバリアを感じることなく日常生活を送れるように、少しでもいいので配慮をしていただけるように行動していただければ嬉しく思います。

★困っていそうな方がいれば、声をかけてみてください
困っていそうな方を見つけた場合には、さりげなく声をかけて、どのような手助けがあれば大丈夫かを確認してみてください。

状況にもよりますが、できる限り相手が望んでいる方法で対応してあげるように配慮してあげてください。

★相手を子ども扱いしないでください
言葉をうまく発声できない人がいますが、その際に小さな子供に接しているような態度をとらないように気を付けてください。

★分からない場合には再度確認して理解してから行動しましょう
相手の言葉が聞き取りにくく、何を要望されているか分からない場合には、あやふやな状態で動くのではなく、再度確認してしっかりと内容を理解してから行動するようにしてください。