盲ろう者へお願いしたい配慮について

ここでは盲ろう者の方へお願いしたい配慮について解説させていただきます。

実際に支援者となる方もおられるでしょうし、外出時に盲ろう者の方が困っている場面に遭遇することもあるでしょう。

そのような場合には、以下で紹介する点について気を付けて配慮していただければと思います。

まずは話しかけてみてください

盲ろう者の方と遭遇したら、まずは方にそっと手を触れて話しかけてみてください。

聴力が使える人もいますので、相手がきがついてくれたら、優しく手を取って、手のひらに文字を書いてみましょう。

上記の方法でコミュニケーションが取れる方もおられますし、コミュニケーションができない方もおられます。

いろんな方法を試してみて、その人に最適なコミュニケーション方法を見つけることが大切になってきます。

周囲の状況を理解することも大切です

盲ろう者の方は、お互いの会話の内容だけではなく、周囲の状況も正確に把握することは非常に困難な方がほとんどです。

他の人の発言や、「今の季節は道路沿いに花が咲いていますよ」などの景色やその場所の状況をわかりやすい言葉でお伝えできるように考えてみてください。

支援方法には様々なものがあることをお知らせしてあげてください

盲ろう者の方は、周囲の方とコミュニケーションをとることが難しいですので、どうしても社会から孤立してしまう危険性が大きくなります。

上記のような困難な状況にある方をみかけましたら、様々な支援制度が利用できることをお知らせしてあげてください。

盲ろう者の方に限ったことではないですが、障害者の方は実際に利用できる制度を知らないで使用できていないことも多くあるのです。